犬にぶどうはダメ!食べたらどうなる!?症状や対処法は?徹底調査してみました!

犬に食べさせていけないものと聞かれると、「玉ねぎ」「チョコレート」と答える方が多いのではないでしょうか?

そんな中、ぶどうも食べてはいけないものだという事をご存知でしょうか!?

私は普段から人間の食べ物はほとんど与えないようにしているのですが、最近ワンちゃんを飼いだした友人はぶどうがダメだということを知らなかったので、今回、ぶどうはどうしてダメなのか、また食べてしまった時の対処法などを詳しく調べてみました!

ぶどうを食べるとどんな症状が起きるの!?

ぶどうはミルク(牛乳)のように栄養価が高いことから、ヨーロッパでは「畑のミルク」と呼ばれています。

気軽に食べられそうな感じがして、ワンちゃんにもあげたくなるかもしれませんが、これはNGなんです!

ワンちゃんがぶどうを食べてしまうと、腹痛や嘔吐、下痢を起こしてしまいます。ひどい場合は急性腎不全によって死に至るケースもあるんだとか・・・><

(どうして中毒を起こすのかは、まだ解明されていないそうです。)


このような症状を起こす量は、犬の体重1kgあたり約30gと言われています(個体差あり)。
5kgのワンちゃんなら約150g以上になると危ないということです。

ぶどう1粒で約15gなので、10粒以上ということになりますね。

ただ、10粒以内なら大丈夫というわけではありません。

1粒でも症状が現れる可能性も十分にあり得ますので、ぶどうを与えるのはやめておきましょう><

もちろん、レーズン(干しぶどう)もNGです。

もしぶどうを食べてしまったら、どうすれば!?対処法は!?

万が一、ワンちゃんがぶどうを食べてしまったら、すぐに動物病院に行きましょう。

「何も症状が出てなさそうから大丈夫か」というのは危険です。

何故なら、ぶどうを食べてから症状が現れるまでは2~3時間かかるからです。

早い治療は早く回復できますし、ぶどうの数は関係なく、ワンちゃんが食べてしまった時はすぐに病院に連れていきましょう。

なるべくぶどうは食べさせないでおきましょう!

ぶどう
人が食べているものを欲しがるワンちゃんは結構多いと思います。

ハッピーも、いつもケージの中からキラキラした目で見てきます^^;(笑)

しかし、人が食べても平気なものでも、犬の場合は危険という食べ物はたくさんあります。ぶどうはその中のひとつです。


先ほども言いましたが、ぶどう1粒でも中毒を起こす可能性があります。

また、症状が治ったとしても、一度ダメージを受けた腎臓は元に戻らないと言います。

ワンちゃんの健康を守るために、ぶどうを食べさすのはやめておきましょう。

また、ご家族で飼われている方は、この事を皆さんに伝えることが大切です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です